薬剤師の需要と募集

新聞や街角においてある求人広告やハローワークなど色々な媒体で薬剤師の募集を見かけます。看護士などの求人も良く見かけるのですが、薬剤師の募集数は凄く多いように思います。薬剤師はドラッグストアーなどの薬剤の調剤や病院などでの薬剤の調剤などを行う仕事が主だと聞いています。また、薬剤師になるためには、厚生労働省の認可がなければなれない仕事でもあります。薬剤師国家資格という試験に合格するのが前提条件としてあるわけです。

しかし、薬剤師を目指そうとする人は、誰でも出来ることではありません。日本の大学において、薬剤の正規の過程を修めて卒業した人や、外国において薬学の大学を卒業し、外国の薬剤資格を取得した人が受けれる試験なのです。実際薬剤の勉強をした人がどれほどいるのか解りませんが、薬剤師の資格を持っていても、別の仕事をしている人もいるかもしれません。

このように、薬剤師になるためには試験は勿論のこと、試験を受ける資格を得るための勉強もあるので、薬剤師のなり手が少ないのでしょうか。それにしても、薬剤師の求人募集が多いのは事実です。これから先も需要があるのであれば、せめて薬学系の大学を卒業という条件をなくし、大学を卒業(薬学系以外の大学も可能にする)した人て、国家資格を受けられるようにしたら良いと思うのですが、薬剤の調剤ともなれば人の命に関わることなので、きちんと勉強をした人だけが出来る仕事なのかもしれません。

Categories: 薬剤師
友人は薬剤師の募集にひっかかるか

友人知人の話を聞くと、不況なので手に職をつけたい、という。確かにそれはもっともだ。全く畑違いの仕事をしていたのに突然、薬剤師の勉強を始めた知人がいた。学生じゃなくなった今、新たに勉強をする気持ちになることはとても偉いと思う。とても自分には真似が出来ないことなので。誤解を招くと困るが、それほど友人が生活に切羽詰まっている(困っている)訳ではない。ただ急に薬剤師という職業に目覚めたらしい。薬剤師募集。

しかし、薬剤師の資格を取ったとしても薬剤師の募集はあるのだろうか。ちまたにはあふれているのではないだろうか。石を投げれば薬剤師とまでは言わないが。皆、考えることは同じなのではないだろうか、と自分は思ってしまうのでつい二の足を踏んでしまう。ただ、薬剤師という仕事は面白そうではある。何しろ薬を扱えるのだ。恐らく。薬と言えば一般人には飲む以外になかなか扱う機会がないだろう。その薬を自由自在に扱えるのだ。薬剤師募集。

薬を自由自在に扱えるは言い過ぎだろうか。でも、たぶんある程度は自分の裁量で扱えるし何より薬に詳しくなれるまたとないチャンスだ。考えてみれば我々は病院等で処方してもらった薬や薬局等で購入した薬を何の疑いもなく服用しているのだ。年を経るに従って薬を飲むことは増えていくだろう。薬に詳しくなって困ることはないだろう。そう考えると友人が薬剤師を目指すこともなにやら納得だ。願わくば友人が無事に薬剤師の資格を取得して募集があれば良いと思う。薬剤師募集。

Categories: 薬剤師
薬剤師の募集について思うこと

薬剤師の募集は、新聞の折込広告でもよく目にします。知人の話によれば、薬剤師は、働くために資格が必要なため、単純には、なれず、また、資格のある人は、ある程度、年齢が上になっても、働け、しかも高給だと聞いたことがあります。ものすごく、いい話だと思います。それにもかかわらず、薬剤師の募集がよくちらしに載ってくるということは、資格をとるのが難しいのでしょうか。聞いたところで、ものすごく、割が良い仕事に思えます。

類似の求人で、看護師などの募集と比べますと、単純な比較はできないものの、薬剤師のほうが、恵まれているのではないでしょうか。もちろん、薬剤師が楽な仕事といっているわけではありませんが、おそらく私の感覚はあっていると思われます。絶対的に、薬剤師の数が少ないのでしょう。だから、薬剤師の募集記事が頻繁にでてくるのだと思います。よく、手に職を持つとよいといいますが、薬剤師は、まさにそれに該当すると思います。

いろいろな仕事があり、いろいろな仕事の求人があるわけですが、現在は、仕事がない人が、ハローワークにあふれていると聞きます。おそらく、求人はたくさんあっても、自分で何かがしたいという欲求と合わずに、なかなか仕事が選べないのだと思います。だから、どんな仕事でもという人であれば、何かしら仕事はあるものだと思います。なかなか、難しい話となりますが、食うのに困っている人がたくさんいるのが現実ですので、何か策が必要ですね。

Categories: 薬剤師