友人は薬剤師の募集にひっかかるか


友人知人の話を聞くと、不況なので手に職をつけたい、という。確かにそれはもっともだ。全く畑違いの仕事をしていたのに突然、薬剤師の勉強を始めた知人がいた。学生じゃなくなった今、新たに勉強をする気持ちになることはとても偉いと思う。とても自分には真似が出来ないことなので。誤解を招くと困るが、それほど友人が生活に切羽詰まっている(困っている)訳ではない。ただ急に薬剤師という職業に目覚めたらしい。薬剤師募集。

しかし、薬剤師の資格を取ったとしても薬剤師の募集はあるのだろうか。ちまたにはあふれているのではないだろうか。石を投げれば薬剤師とまでは言わないが。皆、考えることは同じなのではないだろうか、と自分は思ってしまうのでつい二の足を踏んでしまう。ただ、薬剤師という仕事は面白そうではある。何しろ薬を扱えるのだ。恐らく。薬と言えば一般人には飲む以外になかなか扱う機会がないだろう。その薬を自由自在に扱えるのだ。薬剤師募集。

薬を自由自在に扱えるは言い過ぎだろうか。でも、たぶんある程度は自分の裁量で扱えるし何より薬に詳しくなれるまたとないチャンスだ。考えてみれば我々は病院等で処方してもらった薬や薬局等で購入した薬を何の疑いもなく服用しているのだ。年を経るに従って薬を飲むことは増えていくだろう。薬に詳しくなって困ることはないだろう。そう考えると友人が薬剤師を目指すこともなにやら納得だ。願わくば友人が無事に薬剤師の資格を取得して募集があれば良いと思う。薬剤師募集。