調剤と薬剤師募集


転職を考えたりする時にハローワークの求人をよく利用します。業種をあえて選択せず、地元である市内などで絞り込んだりすると、そのときにより異なるものの、薬剤師募集の求人の数の多さに驚かされます。検索結果は、1ページに20件の求人の一覧が表示され、その大半が薬剤師募集という場合もあるのです。しかも、それが数ページにわたり掲載されている時もあり、思わず薬剤師になろうかなーとか思ったりもします。しかし、それはかなり安易な発想で、薬剤師になるための条件はかなり厳しいので自分には無理だと痛感するのです。

薬剤師は薬学の大学を卒業し、国家資格の試験に合格をし、薬剤師資格を取得しないと薬剤師にはなれないのです。国家試験はさておき、その前提条件である薬学の大学を卒業という時点で自分には無理なのです。薬剤師募集数が多い中、薬学系の大学に行く人は薬剤師になろうと思い大学に行くのでしょうか。疑問ではありますが、多分それは違うでしょうね。薬学の大学を卒業した人は薬剤の調剤だけを行うのではなく、薬剤の開発などの仕事を目指す人が多いのかもしれません。

しかし、開発を目指したが、中々就職できずに薬剤の調剤を行う仕事をする人もいるのかもしれませんし、薬剤師を目指してみようと薬剤師募集にチャレンジするのかもしれません。いずれにせよ、薬学の大学を卒業した場合は、国家試験を受けるためのパスポートを得ているので卒業生はみんな試験を受けるべきでしょうね。